スポンサーサイト

  • 2014.03.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    レナレナ

    • 2007.08.18 Saturday
    • 23:16













    【作】ハリエット・ヴァン・レーク  【訳】野坂悦子

    「レナレナ」が復刊するかも・・・
    もし、復刊したら絶対に買おうと思っています!!


    今年2月に、大丸ミュージアム・東京で開催されていた「オランダ絵本作家店展」
    で、展示されていた作品のひとつ「レナレナ」。
    とても気になっていた絵本の1冊だけど、今は残念なことに絶版になっているよう
    ですが、ああ〜やっぱり「レナレナ」手元に置いておきたい1冊です。
    復刊する日を祈っています!


    レナレナと言う名前の、髪が長くておしゃれな女の子が主人公。
    歳は一体いくつ位なのかな?
    読むほどに、レナレナのことが気になり、知りたくなるのです。

    ほんのささいな日常のこととか、身のまわりのものとか、馬鹿げた話だったりも
    するのに、なんだかとても愛おしく思えてしまうレナレナの世界。
    突拍子もないことをするけれど、とても心優しくて感性が豊かなレナレナ。

    雨水でつくった雨茶を飲んだり、切った爪を箱にしまっておいたり、
    お風呂を水槽にしてサカナと一緒に入ったり、、ウサギに歌を教えてもらったり、
    ミミズや、なんだか不思議な生き物が登場したり・・・
    どんな生き物にも優しいレナレナ、ウサギのあなの横に5セント玉を置く。ウサギ
    が、やきたてのクッキーを買えるようにと・・・
    ふつうならゴミ箱行きになるものも大切にしているレナレナ。

    身の回りのどんなものも、レナレナの手にかかれば楽しいものに変わります。
    この世にムダなこと、ムダなものなんてないって、まさにレナレナの世界かも
    しれないとさえ思えてしまうのです。

    テーブルの上のゆでタマゴも、レナレナはすぐには食べないで、まずは眺めたり、
    遊んで、楽しんでから口に頬張ります。

    タマゴというものは、なにかとくべつなものだから。
    タマゴは白くてすべすべで、きちんとしている。
    レナレナはタマゴをこわさないように、そうっと口に入れる。
    タマゴは、きっちりはいる。かがみをのぞくと、レナレナはどうしても
    わらってしまう。


    最後に、口の中でぐちゃぐちゃになったタマゴも、ちゃんと自分の目で確認して
    楽しんでいる様子。
    誰に抑制されることなく、思いついたことを思いのままに行動するレナレナ。
    なんだかとても羨ましくなります。

    この絵本は、左ページが絵で右ページが文章になっていて、前半は16コマの枠に
    描かれた絵が、後半になると8コマに変わります。
    どんな意味があるのか、私にはわかりませんが、どのコマにいるレナレナも表情も
    見逃すわけには行きません。
    ちょっと不思議ちゃん、でも魅力あふれる女の子レナレナ。

    ふと、子ども時代のことを思い出してしまいました。
    イチゴのパックに泥を入れてミミズを飼っていたこと、ミツバチも平気で捕まえ
    飼っったことあったな。トカゲを追いかけまわしたりもしましたよ。
    社宅の庭で、トカゲの卵を発見した時の驚きは忘れもしません。
    あの頃は、虫も友達で退屈な時は、遊び相手になってくれていたんだな。
    そのくせ、かなり残酷なこともしてました。
    私はレナレナのように優しくはありませんでしたね。
    知り合いは子どもの頃に、カマキリの卵を箱の中に大切にしまっておいて、
    ある日箱を開けたら、なんとカマキリの赤ちゃんがわんさか出てきたとか。
    ダンナの笑い話で強烈なのが、バケツの中に“オ○ッコ“を溜めてたとか・・・
    それで、親からえらく怒られたそうな。
    みんな、けっこう、大人になった今ではあり得ないや、考えもつかないことをして
    楽しんでいたのかもしれませんね。
    そんなこんなも、今となっては大切な思い出として、そっとしまっておきたいもの
    です。そして時には引き出しから引っ張り出してみたい子ども時代。

    さて今度は、同じくハリエット・ヴァン レークさんの絵本『ボッケ』も読んでみた
    いと思ってます。

    ボッケ
    ボッケ
    ハリエット・ヴァン レーク

    スポンサーサイト

    • 2014.03.19 Wednesday
    • 23:16
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ♪フラニーさんへ
      レナレナのことを書いたご報告を、早くフラニーさんに…
      と思いつつ、もたもたしてものだから、先にTB頂いて
      しまいました。ありがとうございます。
      とても嬉しかったです!!
      フラニーさんから教えて頂いた本で、印象深くて、
      その後、「オランダ絵本作家展」で原画を見て、ますます
      読みたくなったレナレナ。
      図書館にありました。でも、やっぱり手元に置いておきたく
      なる絵本ですね。
      復刊を祈ります!!
      わあ、チヒロちゃん爪をためていたのですね。レナレナみたいだあ〜
      今日、図書館に行くので「ボッケ」探して来ま〜す。
      • はらぺーにょ
      • 2007/08/25 10:53 AM
      こちらごぶさたしているうちに、たくさんの記事がアップされていて、うれしく読み進めていたらレナレナですもの!
      こよなく愛す絵本です♪
      なかなか復刊にはいたらなくて、さみしい思いをしているけれど、はらぺーにょさんもお好きと聞いて、ほんとうれしいです。
      子ども時代のエピソード、だんなさまもはらぺーにょさんも、なかなかレナレナばりですわよ!
      うちの上の人も、少し前まで、フィルムケースに切った爪をためこんでいました。(--;
      ぜひ、ボッケも見てみてください。
      うれしくて・・・・TB はりきって挑戦してみます。
      • フラニー
      • 2007/08/22 3:55 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      以前、リブロポートというところから「レナレナ」 という絵本が出ていました。           江國香織さんが「絵本を抱えて部屋のすみへ」の中で  書かれていたので、知っている方もいると思うのですが。                      ほんとにほ
      • みどりの船
      • 2007/08/22 4:06 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      女子の本棚

      わたしの本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      クヌギおやじの百万年
      クヌギおやじの百万年 (JUGEMレビュー »)
      工藤 直子
      今森光彦さんと工藤直子さんのコラボレーション

      recommend

      recommend

      かぼちゃスープ
      かぼちゃスープ (JUGEMレビュー »)
      ヘレン クーパー
      はじめてこのブログに書いた絵本です。

      recommend

      こしょうできまり
      こしょうできまり (JUGEMレビュー »)
      ヘレン クーパー
      ブログ1周年はこれできまり!
      こしょうできまり!

      recommend

      とびきりおいしいスープができた!―かぼちゃスープのおはなし
      とびきりおいしいスープができた!―かぼちゃスープのおはなし (JUGEMレビュー »)
      ヘレン・クーパー
      ブログ2周年は、とびきりおいしいスープで!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM