スポンサーサイト

  • 2014.03.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    リネア モネの庭で

    • 2006.06.28 Wednesday
    • 01:02
    リネア








    リネア―モネの庭で
    リネア―モネの庭で

    【文】クリスティーナ・ビョルク 【絵】レーナ・アンデション
    【訳】福井美津子


    *またまたAmzonには画像なしでザンネン!

    モネの絵とスナップ写真でつづる、花の好きな少女リネアの物語。
    リネアが夢見たモネの庭を訪れるという、スウェーデン生まれの
    おはなしです。
    リネアという少女の名前は、スウェーデンでよく知られ愛され
    ているというリンネソウにちなんで名付けられた名前。
    モネの絵が好きで、とうとうこの目で見ようと貯金をはたいて、
    同じアパートに住む元庭師のブルームさんとパリへ出発です。

    かわいいまず訪れた先は、マルモッタン美術館。
    ここで、初めてモネの絵を見ることになります。
    二輪の白い睡蓮を描いた絵は、近づいて見ると”点”だけで描
    かれているのに、遠くから見ると本物の睡蓮が水に浮かんでい
    るように見え、”まるで魔法のよう!”と感動するリネア。
    自らの目で確かめながら”印象派”の絵について学びました。

    かわいいそして、ジヴェルニーのモネの家へ。
    長い間夢見ていたモネの庭を見たリネアは、不思議な気分と
    感動を味わうのです。
    モネの住んでいた家に入ると、まるでモネの家族になったよう
    な気分。
    ついに”日本の橋”の上に立った時の喜びと感動は、きっと
    モネ絵の中に飛び込んだような気分になったことでしょう。
    少女らしくはしゃいでいるリネアの姿がとても可愛いです!
    モネのひ孫とも会い、ここでモネの生涯について学びました。

    かわいい次はオルセー美術館を訪れますが、長蛇の列に諦め、オランジ
    ェリー美術館へ移動して”睡蓮の間”を見ようということになりますが、
    残念ながら修復工事のため閉鎖されていました。
    ブルームさんの悲しそうな表情を見たリネアは、泣き出してしま
    うのです。
    美術館の案内の女性はリネアがかわいそうになり、なんとか
    睡蓮の間に入れてあげたいと、恐らく上司に相談したのでしょ
    う。しばらくして女性が戻ってくると、リネアにウィンクをして、
    内緒でそっと中に入れてくれたのでした。そして幸運にも”モネ
    の間”を見ることができたのです。
    このへんが、なんだかとてもリアリティーのあるおはなしです。

    モネの世界に思う存分浸ったリネアとブルームさんのステキな
    旅とつづったこの絵本は、眺めているだけでも心ときめく美しさ
    と楽しさが味わえます。
    モネの世界を旅するガイドブックとして役立ちそうです。
    リネアとブルームさんがピクニックで食べていた、バケットなど
    パリで買った食べ物も美味しそうで、気になってしまいました。
    いつかリネアのようなステキな旅をしてみたいものです。
    そんな日を夢見て、この絵本を眺める時間はとても幸せハート大小

    今日は、10年くらい前に母に買ってもらった絵本のご紹介でした。
    私にとってこの絵本は宝物のような1冊となっています。

    睡蓮つい先日、
    ドイツ在住の友人が
    オランジェリー美術館に
    行って来たとのことで
    ”睡蓮”の画像を送って
    くれました。


    睡蓮2
    ”睡蓮”の前でお昼寝?

    友人の息子さんI君です。

    寝顔もかわいい〜ラブ


    かわいいお・ま・けかわいい
    ↓以前、つくってみた画像です。ダンナには「ダサッ!」と
    言われましたが睡蓮つながりで載せてみました。
    lotus

    スポンサーサイト

    • 2014.03.19 Wednesday
    • 01:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ♪あまのじゃくさんへ
      私もちょっと調べてみたいと思います。
      わかったらお知らせしますネ。
      映画になっているのなら、これは是非観たいです。
      ありがとうございます!!
      • はらぺーにょ
      • 2006/07/03 11:02 PM
      記憶が定かでなくてすいません。
      書かれているストーリーを読んでいて、何やら賞。。日本ではあまり有名ではない、ヨーロッパの映画特集をケーブルテレビでやっていた時に、見た気がしたのですが。
      多分。。中国の二胡の名人の映画(これはビデオにもなってますね)が、その映画賞で外国賞を取った時に上映された作品だったと。

      ははは。。これじゃさっぱりわかりませんね(笑)
      映画の題名は、リネアかどうか判りませんが、確か、少女の名前だけだったですね。
      ♪あまのじゃくさんへ
      こんにちは^^
      わあ〜このおはなし、映画になっているんですかあ?
      私は知りませんでした。
      それなら是非、観てみたいです。
      モネの庭に訪れて、リネアのように日本の橋の上に
      立ってみたいものです。
      オランジェリー美術館の睡蓮も是非見たい!!
      大塚美術館にも機会があれば行ってみたいですが・・・
      ちょっと遠いなあ〜
      • はらぺーにょ
      • 2006/07/02 3:16 PM
      久々のお散歩でして。。こんばんは。

      この本、映画になっていませんかね。何だかストーリーが同じような映画を見た気がしますが(耄けたジジのひとりごと?:笑)
      それにしても睡蓮。。大きな絵ですよね。
      私は海外に出たことがないので本物は知りませんが、大塚美術館という、モザイクで有名な絵を作り飾っているという美術館で見ました。
      そこでは、外庭のような蓮池の中央に設置した円筒壁の全面に描かれていましたね。
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      女子の本棚

      わたしの本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      recommend

      クヌギおやじの百万年
      クヌギおやじの百万年 (JUGEMレビュー »)
      工藤 直子
      今森光彦さんと工藤直子さんのコラボレーション

      recommend

      recommend

      かぼちゃスープ
      かぼちゃスープ (JUGEMレビュー »)
      ヘレン クーパー
      はじめてこのブログに書いた絵本です。

      recommend

      こしょうできまり
      こしょうできまり (JUGEMレビュー »)
      ヘレン クーパー
      ブログ1周年はこれできまり!
      こしょうできまり!

      recommend

      とびきりおいしいスープができた!―かぼちゃスープのおはなし
      とびきりおいしいスープができた!―かぼちゃスープのおはなし (JUGEMレビュー »)
      ヘレン・クーパー
      ブログ2周年は、とびきりおいしいスープで!

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM