スポンサーサイト

  • 2014.03.19 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    明けない夜はないから

    • 2013.03.15 Friday
    • 12:25
    新田新一郎,たかはしあきら,渡辺リカ
    フェリシモ出版
    (2013-02-28)

     

    フェリシモで注文していた『明けない夜はないから』が
    届きました。

    311被災地・宮城県の子ども達と荒井良二さんの絵で
    つづられています。

    くわしくはこちらをご覧になってください。⇒ 

    いるの いないの

    • 2012.10.15 Monday
    • 19:40

    先日、こひつじ文庫さんに伺ったときも、ちょっと話題になった
    怪談えほんシリーズの「いるの いないの」
    みなさんが声をそろえて「とてもこわい」と言う。
    怪談とかけっこう苦手なんですが、どれだけこわい絵本なのか、
    これは興味津々。どれどれと図書館で借りて来ました。
    京極夏彦さん作と聞いただけでもこわそうだけど、表紙の絵からして
    かなりこわいよ。ドキドキ。。。


    おばあさんの住む、とても古い家で、ぼくはしばらく暮らすことになった。
    その家の上の方はとても暗い。暗がりに、だれかがいるような気がして
    ならない。気になって気になってしかたない。


    たしかになにかいそうな気配にさらにドキドキ。。。
    古い家という設定もこわいし、登場するネコの表情とかも
    めちゃめちゃこわい。
    そして、最後のページ・・・

    こ、これが子ども向けの絵本?という恐ろしさでした。
    ちなみに、娘の机の上にそーっと置いておきました。イヒヒヒ〜
    びっくりするほどこわかっったと言ってます。
    ついでに、ダンナにも見せたところ、すごく真剣にじっくりと
    見ておりました。こんなこわい本は初めてだって。。。

    以前、教えていただいて読んだ怪談シリーズの「悪い本」はこわい
    といよりも、不気味だったけれど、これは本当にこわかったです。
    こわいの苦手と言いつつも、あとの2冊も読んでみたくなりました。

    あめがふるひに・・・

    • 2012.06.28 Thursday
    • 05:26

    こちらも韓国の絵本です。

    雨がふるひに、みんなは何をしているのでしょう?
    チーターは?ライオンは?ちょうちょは?とらは?
    ティラノサウルスは?

    男の子が、いろいろな動物たちの雨の日を想像します。
    だんだんと雨が激しくなると、おとうさんのことが
    心配になった男の子ですが…

    絵がとってもダイナミック。
    黒色一色で表現した雨がすばらしい!





     

     

    あまがえるさん、なぜなくの?

    • 2012.06.27 Wednesday
    • 23:32
     

    あるブロガーさんが紹介されていた韓国のむかし話です。
    この季節にぴったり!これはぜひ読んでみたい!
    さっそく図書館で借りてきました。

     

    続きを読む >>

    おかあちゃんがつくったる

    • 2012.06.11 Monday
    • 23:36
     
    「はじめましての絵本たちinこひつじ文庫」
    紹介いただいた1冊です。
    長谷川義史さんの「おかあちゃんがつくったる」は
    「てんごくのおとうちゃん」の続編だそうです。



    てんごくのおとうちゃん



    今回のおはなしは、長谷川さんが幼いときにお父様を
    亡くされた後の、お母様とお姉様との生活が描かれています。
    登場するのは豪快で迫力のある元気なおかあちゃん。
    欲しいものは、なんでもミシンで作ってくれるおかあちゃん。
    でも、出来上がるものは欲しいものとちょっと違っていて(?)
    かっこわるいのです。
    だけど、子どものためを思う一生懸命で心やさしいおかあちゃん。
    長谷川さんらしく、ユーモアたっぷりに描かれていますが
    途中でちょっとホロリ。
    この絵本の紹介で、三蔵さんが読んでくださいましたが、
    途中で思わず涙がこぼれそうになってしまいました。
    三蔵さんのほんまものの関西弁での読みもとても上手でしたし。
    あーあぶない、あぶない。と、思ったら、どうやら、
    わたしだけではなかったようです。
    長谷川さんがお母様を思う温かさがじんわりと伝わって
    くる笑いあり涙ありのおはなしなのでした。

    現在、青山のピンポイントギャラリーで、長谷川義史さんと
    あおきひろえさんご夫妻による『夫婦展それから』という
    展覧会が開催されていることを、三蔵さんが教えてくれました。
    【開催期間】〜 2012年 6月16日(土)まで

    行きたいけれど、残念ながら行けそうにないかなあ。。。

    おばあさんの青い空

    • 2012.05.22 Tuesday
    • 18:47


    表紙の、おばあさんを背負って空を飛んでいる男の人
    名前は「コジ」さんと言います。

    ある方がモデルなのだそうです。

    続きを読む >>

    おかあさんの紙びな

    • 2012.03.08 Thursday
    • 19:25

     

    ひなまつりに読んだ絵本―その1

     

    あの森へ

    • 2012.02.19 Sunday
    • 21:48


    森は、村のはずれの1番遠いところにある

    暗くてぶきみなところ。

    そう思っていたネズミ君が勇気を出して、”あの森”へ。


    一歩踏み出す勇気を教えてくれたネズミ君。

    続きを読む >>

    アサノドウブツエン

    • 2012.02.14 Tuesday
    • 00:28


     
    茂田井武さんが娘さんのために描いたという
    手づくり絵本「アサノドウブツエン」の復刻版です。
    続きを読む >>

    赤い目のドラゴン

    • 2012.01.13 Friday
    • 17:58
     

    ドラゴン・イヤーになったら買おう!
    と、ずーっと前から決めていた絵本です。

    昨年末に、ことり文庫分室にお願いして
    購入しました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    女子の本棚

    わたしの本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    クヌギおやじの百万年
    クヌギおやじの百万年 (JUGEMレビュー »)
    工藤 直子
    今森光彦さんと工藤直子さんのコラボレーション

    recommend

    recommend

    かぼちゃスープ
    かぼちゃスープ (JUGEMレビュー »)
    ヘレン クーパー
    はじめてこのブログに書いた絵本です。

    recommend

    こしょうできまり
    こしょうできまり (JUGEMレビュー »)
    ヘレン クーパー
    ブログ1周年はこれできまり!
    こしょうできまり!

    recommend

    とびきりおいしいスープができた!―かぼちゃスープのおはなし
    とびきりおいしいスープができた!―かぼちゃスープのおはなし (JUGEMレビュー »)
    ヘレン・クーパー
    ブログ2周年は、とびきりおいしいスープで!

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM